特定健診・特定保健指導

特定健康診査(特定健診)とは

40歳~74歳の方を対象に、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目して行う健康診査です。

平成31年度の受診者

昭和19年4月2日~昭和55年3月31日生の方(年度内に75歳になる方は誕生日の前日までは受診できます。)

受診料

無料

健診項目

質問票 ・身体計測(身長、体重、BMI、腹囲) ・血圧 ・検尿(糖、蛋白)

身体診察 ・血液検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール、空腹時血糖またはHbA1c、GOT(AST)、GPT(ALT)、γ-GTP(γ-GT))

次のような方は受診する必要はありません。

組合員の方

組合員の方は、事業主による定期健康診断、総合健診または共済組合の人間ドック等を受けることで、特定健康診査を受診したことになります(確認票の提出は必要ありません)。

特定健康診査の流れ

被扶養者・任意継続組合員の方
  • 共済組合の人間ドック及び巡回女性被扶養者健診の受診者
    →特定健康診査の健診項目を含んでいます(確認票の提出は必要ありません)。
  • パート先、かかりつけ医等で特定健康診査と同じ健診項目(上記参照)を全て含む健診の受診者
    →健診結果(写し)と必要事項を記入した確認票PDFを、組合員を通じて共済組合事業係へ提出してください。提出いただいた健診結果について後日お伺いすることがあります。

特定健康診査の流れ

特定健診・特定保健指導実施機関の一覧はこちら

問診票はこちら受診券再発行申請書

特定保健指導とは

特定健康診査の結果から、高血糖、高血圧、脂質異常などのリスクの重なりによりグループ分けし、生活習慣改善の必要度に応じて行う保健指導です。

特定保健指導が利用できるのは、当共済組合より案内が届いた方のみです。

特定保健指導の該当となった方には、共済組合保健指導係から利用案内を送付します。

特定保健指導区分の判定方法

  • 特定健診(職場の定期健診等)時に糖尿病・高血圧・脂質異常等の服薬をされている方は、特定保健指導に該当しません。
  • 図は特定保健指導の判定基準で、メタボリックシンドロームの判定基準とは異なります。

※注 ヘモグロビンA1cについて

健診結果表のヘモグロビンA1cの値がJDS値で記載されている場合には、5.2%以上がリスク該当になります。

NGSP値で記載されている場合、5.6%以上がリスク該当になります。

ヘモグロビンA1c の値は、平成24年度まではJDS値で記載されていましたが、平成25年度以降はNGSP値で記載、もしくは、JDS値とNGSP値が併記されます。

詳しくは、健診を受けられた医療機関でお尋ねください。

PageTop

メニュー

メニュー