人間ドック(人間ドック・脳ドック・婦人科検診)

組合員とその被扶養者(被扶養者証をお持ちの方)の病気の予防・早期発見のために、人間ドックを実施していますので、生活習慣病予防対策の一助として、定期的な受診をおすすめします。

受診できる人

人間ドック 30歳以上の組合員・被扶養者(年度中に30歳になる人を含む)
脳ドック 年度中に38歳・43歳・48歳・53歳・58歳・63歳の組合員・被扶養者(任意継続組合員とその被扶養者を除く)
婦人科検診(子宮がん検査) 20歳以上の女性組合員、女性被扶養者(年度中に20歳になる人を含む)
婦人科検診(乳がん検査) 30歳以上の女性組合員、女性被扶養者(年度中に30歳になる人を含む)
人間ドックの追加検査
骨粗しょう症検査 30歳以上の希望者
C型肝炎ウイルス(HCV抗体)検査 40歳以上の希望者
前立腺がん(PSA)検査 50歳以上の男性希望者

受診できない人(いずれの検診も次の人は受診できません)

  • 令和3年4月1日現在、組合員及び被扶養者の資格がない人
  • 受診当日、組合員及び被扶養者の資格がない人
  • 同一年度に他の健康診断を含めて2回以上受診 (年度内に1回のみ受診可能)
  • 妊娠中または妊娠の疑いのある人(主治医と相談のうえ受診してください)
  • 慢性疾患などで治療中の人(主治医と相談のうえ受診してください)
  • 脳ドックは強い磁力を用いる検査を実施するため、体内に金属があると実施することができません。(体内の金属が熱を帯びたり、移動したりするため、大変危険です。)心臓ペースメーカーや過去の手術・歯科治療等で体内に金属が入っている方は、治療を受けた施設または健診施設に検査が可能かどうかをご確認ください。

「人間ドック」「人間ドック・脳ドックのセット」の受診できる期間

当日特定保健指導を実施する健診施設は、年度内であれば通年受診することができます。

当日特定保健指導を実施しない健診施設は、40歳以上の組合員・被扶養者の人間ドック、人間ドックと脳ドックのセットの受診可能期間が4月1日から翌年1月末までとなります。(年度末時点で30~39歳の方は、当日特定保健指導を実施しない健診施設でも通年人間ドック等の受診ができます。)

当日特定保健指導の実施については、健診施設・検査項目一覧をご覧ください。

自己負担金

人間ドック

一般

10,000円

定点

定点となる組合員とその被扶養者は、人間ドックを下記の料金で受診できます。

ただし、任意継続組合員とその被保険者は除きます。

定点の年齢(年度末現在の年齢) 自己負担金
組合員(30歳・35歳) 6,000円
愛知三の丸クリニックでの受診は無料です 。
追加検査は有料です。)
被扶養者
(30歳・35歳・40歳・45歳・
50歳・55歳・60歳)
8,000円

脳ドック(対象年齢 38、43、48、53、58、63歳)

単独検診 13,000円

人間ドックとセット検診 16,000円

対象年齢以外の人の脳ドック受診は全額自己負担となります。

婦人科検診

一部施設を除き無料(全額共済組合負担)

単独受診もできます。

複数の検査項目を実施する以下の施設についてのみ、次のように自己負担金が必要となります。
婦人科検診施設名 検査内容 自己負担金
小牧市民病院 子宮がん 内診、細胞診(直接採取)、超音波 2,800円
乳がん 超音波、マンモグラフィ 3,600円
婦人科セット 子宮がん+乳がん 6,300円
四日市羽津
医療センター
子宮がん 内診、細胞診(直接採取)、超音波 1,700円
乳がん 超音波、マンモグラフィからいずれか選択 負担免除
(無料)
婦人科セット 子宮がん+乳がん 1,700円
東山内科での子宮がん、中京クリニカルでの乳がん・子宮がん、東海記念病院での子宮がんについては、外部機関での受診となります。

人間ドックの追加検査

骨粗しょう症検査 800円

C型肝炎ウイルス検査、前立腺がん検査 各600円

ただし、追加検査は「人間ドック」または「人間ドック・脳ドックのセット」を受診した日に同じ健診機関で行う場合に限ります。

また、次の健診施設における令和3年度の追加検査の取扱いは以下のとおりです。

〈東海病院〉
〈愛北ハートクリニック〉
〈日比谷公園クリニック〉
骨粗しょう症検査は実施していません。
〈公立西知多総合病院〉
〈日進おりど病院〉
C型肝炎ウィルス検査が人間ドックの検査項目(費用)に含まれています。
健診結果に応じて、共済組合から特定保健指導のお知らせを送付します。また、健診結果は生活習慣病重症化予防事業の集団分析に利用します。
「ベネフィット・ステーション」の「全員参加メニュー共通引換券」を健診当日受付へ提出していただくと、自己負担金の補助(5,000円分)としてご利用いただけます。(ご利用は当年度内の受診に限ります。)婦人科健診の自己負担金に対しては、ご利用いただけません。

人間ドックの当日特定保健指導

特定保健指導を実施する健診施設で人間ドックを受診された方(7月~翌年1月に受診された組合員を除く)のうち特定保健指導に該当する方は、原則、健診日当日に特定保健指導を実施します。当日特定保健指導の実施については、健診施設・検査項目一覧をご覧ください。

特定保健指導を実施しない健診施設で人間ドックを受診された方、7月~翌年1月に受診された組合員の方、その他当日特定保健指導の実施をしなかった方のうち特定保健指導に該当する方には、共済組合福祉事業係から利用案内を送付しますので、案内のとおり受診してください。


PageTop

メニュー

メニュー