データヘルス計画


 地方公務員等共済組合法第112条第3項に規定する地方公務員共済組合が行う健康の保持増進のために必要な事業に関する指針(平成16年8月2日総務省告示第641号)により、 名古屋市職員共済組合データヘルス計画を策定し、名古屋市職員共済組合における健康課題を描出し、その課題解決のために実施する保健事業の内容と目標を定めました。

 平成30年1月策定
第2期データヘルス計画

 平成27年10月策定
短期給付財政安定化計画(データヘルス計画:第1期)【概要版】
短期給付財政安定化計画(データヘルス計画:第1期)
 データヘルス計画に基づき、診療明細情報(レセプト)データを活用した保健事業として次の事業を実施します。
(平成30年度事業)
事業名   事業内容  
生活習慣病重症化予防事業 特定健康診査の結果、 血圧・血糖・脂質に異常値があるにもかかわらず、病院を受診していない方に対して、病院への受診を勧める通知を送ります。
 レセプトデータを活用した保健事業の対象となることを希望しない場合は、
「レセプトデータを活用した保健事業に関する申出書」を名古屋市職員共済組合まで
ご提出ください。
  
様式「レセプトデータを活用した保健事業に関する申出書」