トップページ短期給付退職後も受けられるとき

退職後も給付が受けられるケース


1年以上組合員であれば退職後も受けられます



退職すると組合員の資格を失い、共済組合の給付を受けられなくなりますが、退職前に継続して1年以上組合員だった人は、退職後もそれまで受けていた傷病手当金および出産手当金や、退職後一定期間内の出産・死亡に対し、掛金を納めなくても給付が受けられます。ただし、退職後の給付には附加給付はありません。

●こんな給付が受けられます

・病気やけがが退職する前に起きていた場合

給付の種類 対象者 支給の内容
傷病手当金
こちら
組合員 退職するときに傷病手当金を受けていた人には、その病気やけがの療養のために引き続き働けないとき、傷病手当金が支給されることになっている残りの期間について引き続き傷病手当金が支給されます。なお、退職や障害による年金等を受給している場合には支給が打ち切られますが、傷病手当金の方が高額な場合に限り、差額が支給されます。

・退職してから出産または死亡した場合

給付の種類 対象者 支給の内容
出産手当金
こちら
組合員
退職するとき出産手当金を受けている場合、引き続き出産手当金を受けられます。また、退職後6か月以内に出産したときは、出産費が受けられます。
出産費
こちら
埋葬料
こちら
組合員 組合員であった人が、退職後3か月以内に死亡したときに支給されます。


前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2008 名古屋市職員共済組合 All Right Reserved.