トップページ短期給付70歳になったとき

70歳になったとき


70歳以上の高齢者は自己負担が変わります



70歳以上の高齢者は、かかった医療費の2割(※)、一定以上の所得がある場合は3割の自己負担で医療を受けることができます。所得に応じた自己負担限度額も設けられており、所得の低い高齢者の負担は軽減されています。残りの医療費は、そのときに加入している医療保険が負担します。
※昭和19年4月1日以前生まれは1割

●高齢者はこのように医療を受けます

受診の際には、組合員証または被扶養者証と、一部負担割合を確認するための「高齢受給者証」を保険医療機関の窓口に提出して、医療を受けます。
そのとき、下表のようにかかった医療費の一部を負担し、自己負担限度額を超えた額は、あとで加入している医療保険から「高額療養費」として支給されます。

・70歳以上の自己負担額


※「現役並所得者」とは標準報酬月額が28万円以上の70歳以上75歳未満の組合員およびその70歳以上75歳未満の被扶養者が該当しますが、年収が単身世帯で383万円未満、同じ世帯にいる70歳以上75歳未満の被扶養者分を合算し520万円未満の場合は、申請により「一般 」として扱われます。
また、被扶養者が後期高齢者医療制度に加入することにより、年収が単身世帯で383万円以上となる組合員については、世帯に他の70歳以上75歳未満の被扶養者がいない場合に、被扶養者であった人の収入を合算した年収が520万円未満の場合は、申請によリ「一般 」として扱われます。
※「現役並所得者」および「一般」が、12か月間に同じ世帯で3か月以上高額療養費に該当した場合には、4か月目以降の自己負担限度額は<>内の金額になります。
※75歳になって後期高齢者医療制度に加入した月は、誕生日前は共済組合、誕生日以後は後期高齢者医療制度に加入するため、いずれの自己負担限度額(個人単位 )も本来の2分の1の額とする特例措置が適用されます(75歳の誕生日がその月の初日の場合は除く)。また、その被扶養者も適用されます。
※入院時の食費 こちら・居住費 こちら は別途自己負担します。

医療保険と介護保険の自己負担額を合算して一定額を超えた場合、申請によりその超えた額が支給されます。


前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2008 名古屋市職員共済組合 All Right Reserved.