トップページ短期給付定年退職したとき

退職者医療制度


定年退職したときは国民健康保険の退職者医療制度に加入



退職者医療制度は前期高齢者医療制度の創設に伴い、経過措置として平成26年度までの間に65歳未満の退職被保険者等が65歳に達するまで存続します。

●退職者医療制度はこんな制度です

対象者
退職者で、次のいずれにも該当する人とその被扶養者(共済組合と同じ被扶養者認定基準)。
  1. 国民健康保険の加入者であること
  2. 退職共済年金または老齢厚生年金受給権者で、年金制度の加入期間が20年以上、または40歳以後の加入期間が10年以上あること
  3. 65歳未満であること
加入方法
年金受給権者となり、「年金証書」を受け取った日の翌日から14日以内に、年金証書を居住地の市区町村役場へ提示し、「退職被保険者証」の交付を受けます(被扶養者がいるときは扶養関係を証明する書類と印鑑も持参)。
受給方法
退職被保険者証を保険医療機関の窓口に提出して、医療を受けます。

・自己負担割合

対象者 自己負担割合
69歳以下 3割(7割給付)
(義務教育就業前は2割/8割給付)
70歳以上 1割(9割給付)
医療保険と介護保険の自己負担額を合算して一定額を超えた場合、申請によりその超えた額が支給されます。
保険料(税) それぞれの市区町村において一般の国民健康保険の被保険者に準じて決定され、自分で市区町村役場へ納めます。


前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2008 名古屋市職員共済組合 All Right Reserved.