トップページ短期給付退職後の医療保険制度

退職したとき


退職後の医療保険制度



 退職すると、本共済組合の組合員の資格を失い、本共済組合の給付を受けられなくなるため、何らかの医療保険に再度加入しなければなりません。

    退 職    
   
再就職する       再就職しない    
 
就職先の
医療保険に加入
  引き続き個人で
共済組合に
加入する
(任意継続組合員)
 
国民健康保険に
加入する
国民健康保険の
退職被保険者になる
※退職した高齢者に適用される「退職者医療制度」は、平成26年度までの間に65歳未満の退職被保険者等が65歳に達するまで経過的に存続します。
 
家族の
被扶養者となる
家族の加入している医療保険に被扶養者として加入。収入制限などの条件があります。
       
65歳になると加入している医療保険は変わりませんが、前期高齢者医療制度の対象となります。
くわしくはこちら
70歳になると負担のしかたが変わります くわしくはこちら
75歳からは長寿医療制度(後期高齢者医療制度)
に加入しなおします
くわしくはこちら
※傷病手当金こちら・出産手当金こちら・出産費こちら・埋葬料こちらは、退職後も共済組合から受けられる場合があります。くわしくはこちら

医療保険と介護保険の自己負担額を合算して一定額を超えた場合、申請によりその超えた額が支給されます。


前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2008 名古屋市職員共済組合 All Right Reserved.