トップページ短期給付災害により損害を受けたとき

災害見舞金


災害によって住居等に損害を受けた場合は災害見舞金を支給



組合員が、非常災害(盗難は除く)によって住居や家財に損害を受けた場合に、「災害見舞金」が支給されます。その額は、住居と家財について別々に算定しますが、合算して「標準報酬の月額の3か月分」が上限となります。
なお、同一世帯に組合員が2人以上いる場合は、それぞれに支給されます。

損害の程度 災害見舞金支給額
・住居および家財の全部が焼失し、または滅失したとき
・住居および家財にこれと同程度の損害を受けたとき
標準報酬の月額の3か月分
・住居および家財の2分の1以上が焼失し、または滅失したとき
・住居および家財にこれと同程度の損害を受けたとき
・住居または家財の全部が焼失し、または滅失したとき
・住居または家財にこれと同程度の損害を受けたとき
標準報酬の月額の2か月分
・住居および家財の3分の1以上が焼失し、または滅失したとき
・住居および家財にこれと同程度の損害を受けたとき
・住居または家財の2分の1以上が焼失し、または滅失したとき
・住居または家財にこれと同程度の損害を受けたとき
標準報酬の月額の1か月分
・住居または家財の3分の1以上が焼失し、または滅失したとき
・住居または家財にこれと同程度の損害を受けたとき
標準報酬の月額の0.5か月分
浸水によって平屋建ての家屋(家財を含む)が損害を受け、その認定が困難なとき
床上120cm以上 標準報酬の月額の1か月分
床上30cm以上 標準報酬の月額の0.5か月分
※「住居」とは、組合員が実際に生活の場としている建物のことで、それが自宅であっても、公務員宿舎であっても、借間であってもかまいません。
  「家財」とは、家具、調度品、衣服など住居以外の日常生活上必要な一切の財産のことです。不動産や現金、有価証券などは含まれません。


前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2008 名古屋市職員共済組合 All Right Reserved.