トップページ短期給付災害により死亡したとき

弔慰金・家族弔慰金


災害により死亡した場合に弔慰金を支給



天災その他の非常災害によって死亡したときは、「弔慰金(家族弔慰金)」が支給されます。
なお、弔慰金が支給される場合でも、埋葬料は支給されます。

対象者 給付名 支給額
組合員 弔慰金 標準報酬の月額
家族(被扶養者) 家族弔慰金 標準報酬の月額×70/100

非常災害とは、水害、地震災害、火災等の災害(例:洪水、津波、地震、火災、落雷、竜巻、台風、豪雨、崖崩、雪崩等による災害)をいうが、その他の予測し難い事故をも含む。
この場合において、予測し難い事故については、次の要件の全てに該当する事故となります。
(1)その事故による死亡原因が客観的にみて、社会通念上予測し難い不慮の事故である。
(2)その事故の直後に、医療の効果が得られないような状態で死亡したものである。
(3)その事故による死亡が、原則として他動的原因に基づくものである。
 また、同一の非常災害により組合員及び被扶養者が死亡したときは、家族弔慰金は、組合員の遺族に支給する。


前のページに戻る   このページのトップへ


Copyright © since 2008 名古屋市職員共済組合 All Right Reserved.