トップページ短期給付家族の病気などで休んだとき

休業手当金


家族の病気などで休んだときは
標準報酬の日額の50%を支給



組合員が次の事由で欠勤し、報酬の全部または一部が支給されないときは、「休業手当金」が支給されます。

支給事由 支給期間 支給額
1被扶養者の病気やけが 欠勤した全期間 1日につき
標準報酬の日額
(標準報酬の日額の1/22の額)
×50/100
2配偶者の出産 14日以内の欠勤した期間
3組合員の公務によらない不慮の災害または被扶養者の不慮の災害
5日以内の欠勤した期間
組合員の結婚、配偶者の死亡または被扶養者の結婚や葬祭
7日以内の欠勤した期間
以外で、共済組合の運営規則で定める事由
運営規則で定める期間
※傷病手当金または出産手当金が支給されている場合、その期間中は支給されません。
※報酬が支払われているときは、休業手当金との差額分のみ支給されます。
※土・日曜日など、勤務を要しない日には支給されません。
の運営規則で定める事由および期間は以下のとおりです。
事由 期間
(1)組合員の配偶者、子または父母で被扶養者でない者の病気または負傷
7日間のうち欠勤した期間
(2)組合員の配偶者、子または父母で被扶養者でない者の不慮の災害
5日間のうち欠勤した期間
(3)組合員の学校教育法(昭和22年法律第26号)の規定に基づく大学の通信教育の面接授業への出席
所属の課の長が承認した期間


前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2008 名古屋市職員共済組合 All Right Reserved.