トップページ短期給付死亡したとき

(家族)埋葬料


死亡したときは埋葬料を支給



組合員が公務外の原因で死亡したときは、組合員に扶養されていた遺族に、「埋葬料」と「埋葬料附加金」が支給されます。また、遺族がいない場合には、実際に埋葬を行った人に、埋葬料の範囲内で実費が支給されます。
一方、家族が死亡したときは、「家族埋葬料」と「家族埋葬料附加金」が支給されます。

※請求手続きが必要です。


関連項目


前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2008 名古屋市職員共済組合 All Right Reserved.