トップページ短期給付在宅で看護を受けたとき

訪問看護療養費(家族訪問看護療養費)


在宅で看護を受けたときは、かかった費用の7割(義務教育就学前8割)を支給



難病患者、末期がんの患者など、医師が厚生労働省の基準により認めた在宅で継続して療養を受ける人が、訪問看護ステーション(指定訪問看護事業者)の訪問看護・介護サービスを受けたときは、「訪問看護療養費(家族訪問看護療養費)」と「一部負担金払戻金」「家族訪問看護療養費附加金」が支給されます。

※介護保険で受けられる場合には、原則として介護保険が優先されます。



関連項目


前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2008 名古屋市職員共済組合 All Right Reserved.