トップページ短期給付自己負担が高額になったとき

高額療養費


自己負担が高額になったときは所得に応じた一定額を超えた額を支給



特殊な病気にかかったり、長期間入院したときなど、自己負担が高額になった場合の負担を軽くするために、自己負担が1か月の間、所得に応じた一定額を超えた場合には、その超えた分が後から「高額療養費」として支給されます。
なお、高額療養費が支給されたあとの額がさらに一定額を超える場合には、「一部負担金払戻金」「家族療養費附加金」 こちら「家族訪問看護療養費附加金」こちらが支給されます。

※手続き不要で、後日、支給されます。


●入院時等高額療養費の現物給付

入院したとき等、高額な医療費がかかる場合、事前に共済組合に申請し「限度額適用認定証」を受けておくと、病院の窓口での支払い額が高額療養費の自己負担限度額までで済むようになります(この手続きを行わない場合は窓口で医療費を支払った後で、高額療養費の払い戻しを受けます)。



関連項目


前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2008 名古屋市職員共済組合 All Right Reserved.