トップページ短期給付立て替え払いをするとき

療養費(家族療養費)


組合員証等を持たずに受診したときなどは立て替え払いをし、後で請求



旅先で急病になったりした場合など、組合員証等を持たずに医師にかかったときは、とりあえず医療費全額を自分で支払い、後で共済組合に申請して払い戻しを受けることになります。このような給付を「療養費(家族療養費)」といいます。
なお、自己負担が一定額を超える場合には、「一部負担金払戻金」「家族療養費附加金」 こちら が支給されます。

医療の内容 払い戻される額 必要な書類
やむを得ず
保険医以外の医療機関
にかかったとき
療養の給付の範囲内で査定された額の7割(義務教育就学前8割) 「療養費・家族療養費請求書」に
領収明細書を添付、
海外受診の場合は
診療内容明細書も添付
やむを得ず
組合員証等を
提出できなかったとき
輸血(生血)の血液代 輸血(生血)を受けるときの血液代としての基準料金の7割(義務教育就学前8割) 「療養費・家族療養費請求書」に
領収書と輸血証明書を添付
コルセット・ギプス
・義眼代
基準料金の7割(義務教育就学前8割) 「療養費・家族療養費請求書」に
領収書と保険医の証明書を添付
はり・きゅう
・マッサージ代
「療養費・家族療養費請求書」に
領収書と保険医の同意書を添付
9歳未満の小児の弱視、
斜視、先天白内障術後の
屈折矯正の治療用眼鏡・
コンタクトレンズ代
作成または購入した費用の上限の範囲内の7割(義務教育就学前8割) 「療養費・家族療養費請求書」に
領収書と保険医の指示書、
患者の検査結果を添付
悪性腫瘍の
術後に発生する
四肢リンパ浮腫治療の
ための弾性着衣等
購入した費用の上限の範囲内の7割(義務教育就学前8割) 「療養費・家族療養費請求書」に
領収書と保険医の指示書を添付
※支給(購入)基準等の詳細についてはお問い合せ下さい。


関連項目


前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2008 名古屋市職員共済組合 All Right Reserved.