トップページ短期給付育児休業手当金



育児休業中の経済的な援助とその後の継続的な勤務を促進するために支給されます。
 なお、育児休業手当金は課税対象にはなりません。

■支給対象者
 育児休業を取得した組合員(継続長期組合員を除く。)が支給対象者となります。
■支給期間
育児休業中の期間で、育児休業開始の日から子が1歳に達するまで支給されます。
ただし「両親がともに育児休業する場合の特例」及び「総務省令で定める場合」に該当するときは支給期間が異なります。
■手当金額
≪支給額≫
平成27年9月30日まで
給料日額(10円未満四捨五入) 給料月額 × 1/22
支給日額(円未満切捨、上限有) 給料日額 × 支給率 × 1.25(手当率)
支給月額 支給日額 × 月支給日数(土日を除く)
平成27年10月1日以降
標準報酬日額(10円未満四捨五入) 標準報酬月額 × 1/22
支給日額(円未満切捨、上限有) 標準報酬日額 × 支給率
支給月額 支給日額 × 月支給日数(土日を除く)
※支給率
育児休業開始日育児休業開始から
通算180日まで
通算180日経過後から
1歳到達日まで
平成26年3月31日以前50%
平成26年4月1日以降67%50%
≪支給日額の上限額≫
育児休業手当金には、支給日額に上限が定められており、毎年8月に更新されます。
期間 支給日額上限額 上限を超える
標準報酬月額
67%50%
平成28年8月1日
 〜平成29年7月31日
12,927円9,647円440,000円
平成29年8月1日
 〜平成30年7月31日
13,622円10,165円470,000円
平成30年8月1日
 〜平成31年7月31日
13,695円10,220円470,000円
■掛金免除
育児休業中は、共済組合の掛金が免除となります。


関連項目


前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2008 名古屋市職員共済組合 All Right Reserved.